事業運営の健全性評価

事業運営の健全性評価(第三者検査・評価)

 今日、市場経済のグローバル化や複雑性が高まるに連れて、あらゆる分野において『品質のバラツキ』や『不適正品質問題』『安全性への懸念』などが生じ始めており、それらに伴う数多くのリスクが顕在化しています。また、様々な製品・プロセスに対する『公共安全性』や『環境影響リスク』面からの検証・評価につきましても、その社会的要求・意義はますます高まってきています。

 このような背景から、信頼性や安全性を要求される分野においては、『第三者機関』による確認・検査プロセスの重要性が増しています。さらに、近年ではその範囲・内容の多様化や適用技術の高度化等が要求されるようになり、検査の遂行にあたっては一層の公平性や透明性が求められています。

 日本検査株式会社は、各種事業者(供給者・需要者)から完全に独立した公共性を有する※1) 第三者検査機関として、事業運営における種々の適合性や健全性を評価し、信頼性、客観性、透明性を確保いたします。


※1) 第三者検査機関とは
 供給者(第一者)や需要者(第二者)にも無関係な第三者が公正な立場で実施する検査を”第三者検査”と呼び、『第三者検査機関』とは”第三者検査”を提供できる独立性のある組織を言う。

第三者検査説明パンフレット

メールでのお問い合わせはこちらから

ISO17020とは

 当社は、1953年に、公正性を確保するための民間検査機関として設立されました。以来、半世紀以上を経て、これまで培ってきた抱負な経験と技術の蓄積をベースとして、プラント・機器類の検査や海事関連の検査など、様々な分野における委託検査を通じて安全性や品質の確保に貢献してきました。

 現在は、ISO9001品質認証の他、機械分野におけるISO/IEC 17020の※2) Type.A検査機関認証(第三者検査機関認証)を取得しており、国際的にも検査能力が認められている信頼性の高い検査機関となっています。

 各分野の技術に精通した専門家を多数擁しており、”公正で高品質なサービス”と”お客様のご要望にお答えする技術支援サービス”を提供する他、海外検査員・検査機関ネットワークを活用し、世界各地における現地調査にも迅速に対応いたします。


※2) ISO17020での検査機関の定義(第三者検査機関はType.Aのみ)
【Type.A】
 製品等の取引に掛かる当事者から完全に独立した検査機関で、最も独立性が高く、第三者検査と定義される。
【Type.B】
 製品等の供給者または購買者となる組織の一部である検査機関で、検査サービスは親会社にのみ提供。(第一者、第二者検査)
【Type.C】
 製品等の供給者または購買者となる組織の一部である検査機関で、検査サービスが親会社以外の外部顧客に対しても提供。(第一者、第二者検査)

第三者検査に関する認定証